廃車.com
新着情報

◎2017/11/20

放置するのはNG?
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

廃車完了までの流れ
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

廃車になった消防車
の情報を更新しました。

◎2017/1/20

事故車を廃車する!
の情報を更新しました。

「廃車 連絡」
に関連するツイート
Twitter

廃車等ございましたらご連絡ください😉

成田空港のターミナル連絡バスで活躍していた元京成のLV834ですが、ちょっと前に全車廃車になったらしく、N尺の純正LV834は日光だけになってしまったみたいです。。 pic.twitter.com/OSYezZwUqu

本日は火曜日。原付の廃車引取受付中です^^ 木曜日は電話受付のみ11:00から18:00.それ以外(金曜から水曜)は電話受付10:00から22:30まで、お引取にお伺いできる範囲、東京埼玉千葉神奈川です。35年の老舗原付回収を行うお店です。どうぞご連絡下さい #原付処分 #原付

Twitter東京原付処分練馬発回収廃車引取廃棄不動車事故車もOKお気軽にご相談下さい埼玉千葉神奈川もOK@gentukisyobun

返信 リツイート 昨日 9:51

返信先:@HANWA1032 オーシャンアローには故障はつきもの。天王寺連絡線の坂が上がれないときがあるから、いつ廃車になってもおかしくない。

所有者と連絡が取れない場合、廃車できますか? ご案内はこちらkuru-mado.net #廃車無料 #廃車買取 #廃車

Twitter廃車の窓口くるまど@kurumado_corp

返信 リツイート 8/10(月) 16:12

今日も夏らしいお天気です❗❗❗暑い😵 本日も有難う御座います🥰🥰 最近、バイクの引取り依頼が増えてます🤩🤩🤩 買取りも強化中❗ですので是非、ご連絡くださいね😎😎😎 又、西宮市登録のバイクは無料で廃車手続きもOKです😁😁 宜しくお願い致します🤗🤗🤗 instagram.com/p/CDscyn3gP7G/…

本日は月曜日。原付の廃車引取受付中です^^ 木曜日は電話受付のみ11:00から18:00.それ以外(金曜から水曜)は電話受付10:00から22:30まで、お引取にお伺いできる範囲、東京埼玉千葉神奈川です。35年の老舗原付回収を行うお店です。どうぞご連絡下さい #原付処分 #原付

Twitter東京原付処分練馬発回収廃車引取廃棄不動車事故車もOKお気軽にご相談下さい埼玉千葉神奈川もOK@gentukisyobun

返信 リツイート 8/10(月) 9:51

未だにこの連絡こんていう。 愚痴っても仕方ないけどまじ保険会社ちゃんと仕事してるん?て思う。 廃車になった車だって査定きたきりで進展もないしなんなの。 事故さえなければ仕事いけてて収入の心配もなかったし、周りに迷惑かけないですんだのに。 首痛すぎて熱もって寝れんし、ほんとムカつく。

さっき、連絡が来たんですが 自分が施工したり、白川郷行ったワゴンRがエンジンブローにより廃車になったらしいです 色々手伝ったけど、早い別れになったな pic.twitter.com/MxgWYSZwH6

バイクレッカー移動して、廃車手続きもして、保険会社との連絡も一通り終わった 疲れた

廃車の手続きにはいろいろ書類が必要です

廃車してもらうときには委任状を作ります

廃車.com 自動車の登録は基本的に門人が直接行うことになっています。
つまり所有者本人が直接実印を持って陸運局へ出向いて行うのが基本です。
しかし実際にはなかなか難しいことも多く、代理人が行うことができるようになっています。
この代理人に権利を委任するために作るのが委任状です。
自動車の登録に関する委任状は専用の書式のものがあり、自動車の登録以外に使えないことが明記されたものです。
廃車をする場合でも、所有者の実印を押捺した委任状を作ることで代理人が行うことが出来ます。
もちろん実印であることを証明する印鑑証明書も添付します。
廃車する場合には車体を解体してから永久抹消する場合には、委任状は1枚で良いのですが、先に一時抹消してから行う場合には、2枚必要になります。
解体をしてから移動報告番号が出るまでは時間がかかることもありますので、先に一時抹消しないと返還金差が出てしまうこともありますので、まずは一時抹消する必要があることがあります。

廃車手続きに必要な印鑑証明

廃車の手続きは、国土交通省の機関である運輸支局または自動車検査登録事務所で行いますが、この手続きの必要書類として、印鑑証明の提出を求められます。
これは、たしかに所有者である本人が手続きを行うものであることを証明するために不可欠のものですが、カーディーラーなどに手続きをまかせる場合の委任状のなかには、この印鑑証明と同じ印鑑、すなわち実印を押捺しておかなければならないことになります。
印鑑証明は、市町村役場で発行してもらえますが、最近3か月以内に取得した新しいものであることが条件となります。
実印を市町村役場に登録していない場合には、登録の手続きからはじめなければならず、その過程では自宅に市町村役場からハガキを送付して所在確認をすることが含まれますので、1週間程度はかかる可能性があります。
ただし、軽自動車を廃車にしようとする場合については話が別で、印鑑そのものは単なる認め印であればなんでもかまいませんし、印鑑証明を申請書に添付する必要もないなど、だいぶ手続きが簡素化されています。

Copyright © 2016 廃車.com All Rights Reserved.