廃車.com
新着情報

◎2017/11/20

放置するのはNG?
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

廃車完了までの流れ
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

廃車になった消防車
の情報を更新しました。

◎2017/1/20

事故車を廃車する!
の情報を更新しました。

「廃車 連絡」
に関連するツイート
Twitter

廃車の手続きにはいろいろ書類が必要です

廃車してもらうときには委任状を作ります

廃車.com 自動車の登録は基本的に門人が直接行うことになっています。
つまり所有者本人が直接実印を持って陸運局へ出向いて行うのが基本です。
しかし実際にはなかなか難しいことも多く、代理人が行うことができるようになっています。
この代理人に権利を委任するために作るのが委任状です。
自動車の登録に関する委任状は専用の書式のものがあり、自動車の登録以外に使えないことが明記されたものです。
廃車をする場合でも、所有者の実印を押捺した委任状を作ることで代理人が行うことが出来ます。
もちろん実印であることを証明する印鑑証明書も添付します。
廃車する場合には車体を解体してから永久抹消する場合には、委任状は1枚で良いのですが、先に一時抹消してから行う場合には、2枚必要になります。
解体をしてから移動報告番号が出るまでは時間がかかることもありますので、先に一時抹消しないと返還金差が出てしまうこともありますので、まずは一時抹消する必要があることがあります。

廃車手続きに必要な印鑑証明

廃車の手続きは、国土交通省の機関である運輸支局または自動車検査登録事務所で行いますが、この手続きの必要書類として、印鑑証明の提出を求められます。
これは、たしかに所有者である本人が手続きを行うものであることを証明するために不可欠のものですが、カーディーラーなどに手続きをまかせる場合の委任状のなかには、この印鑑証明と同じ印鑑、すなわち実印を押捺しておかなければならないことになります。
印鑑証明は、市町村役場で発行してもらえますが、最近3か月以内に取得した新しいものであることが条件となります。
実印を市町村役場に登録していない場合には、登録の手続きからはじめなければならず、その過程では自宅に市町村役場からハガキを送付して所在確認をすることが含まれますので、1週間程度はかかる可能性があります。
ただし、軽自動車を廃車にしようとする場合については話が別で、印鑑そのものは単なる認め印であればなんでもかまいませんし、印鑑証明を申請書に添付する必要もないなど、だいぶ手続きが簡素化されています。

Copyright © 2016 廃車.com All Rights Reserved.